自然について我想う

 

汗ばむくらいの気温で、とてもいい天気の一日でした。

このような日には、山や森といった自然の中に入っていきたくなります。

 

今日は、自然について考えてみました。(環境問題などの話ではありません)

 

自然には、まっすぐ直線的なものがなく、歪んでいたり、曲がっているようなものがほとんどです。

 

街を歩けば、全てが均一化され、規格化された、定規でビシっと線を引いて作られたような建物ばかりです。

森を歩けば、そのような木々や道はまずありません。

 

それこそが都市と自然の違いなのかなと思います。

 

 

僕はヨーガをするのですが、その中に木のポーズというものがあります。

片足で立ちながら、そびえ立つ木のように、大地に根を張り、空高く伸び上がっていくポーズです。

 

片足で立つので、当然のように、よろめきふらつきます。

しかし木のポーズです。木になりきることが大事なのです。

 

風が吹けば、木は揺れます。しかしだからこそ、風を受け流せる木は強いのです。

人間は揺れてはダメと考えすぎるあまり、体がカチコチになって風を受け流せません。

つまり、揺れに対して抵抗しようとするのです。だから、ふらつきすぎて、なかなか型が決まらない・・・

 

それは、つまり自然に反した状態、不自然だからなのです。

自然は強く、不自然は弱い・・・

 

自然は揺らぎます。

自然は歪みます。

自然は曲がります。

 

不自然は揺らぎを止めようとします。

不自然は歪みを否定します。

不自然は曲がることを嫌います。

 

僕はものを作るときに、この不自然さをなるべく出さないように意識しています。

言うなれば、都市にあるような直線的で無機的なものではなく、森にあるような自然的で有機的なもの。

僕が作るものは、決して世間一般で言うような美しいアクセサリーや目を見張るようなジュエリーではありません、

でもそれでいいのです。

そのことを自覚した上で、いつもこれからも自然なものを作っていきたいなと思っています。

 

 

追伸:

一見、弱そうに見える自然が実は強く、一見、強そうに見える都市が実は弱いのではないかなと思っています。

そのようなことを思いながら、これから先の生き方を考えてみると、やはり僕は自然に近い生き方がいいなと思うのです。

 

フォークロアアクセサリー”ネックレス”

使用パーツ/珊瑚・シーグラス・貝殻・木・漆・陶器

チェーン部分/真鍮・シルバー925

 

フォークロアアクセサリー”ネックレス”

使用パーツ/珊瑚・真鍮・銅・木・翡翠・陶器・アンティークビーズ

チェーン部分/真鍮・シルバー925

 

コメント