5:30
雨の音で目覚めました。
9:13
小降りになってきました。とても静かです。少しの雨が降れば嬉しいですが、降りすぎると少し困惑するものです。

しかし子供の頃は雨に対して、嬉しがったり、困惑したりしていなかった気がします。子供の頃は、”雨が降った”という事実をただ認め、ただその日を過ごしていた気がします。
今日は、幼少期にお世話になったおじさんの33回忌の法事でした。今日の雨降りとともに、小さかった頃の自分を思い出しました。
そんな過去の記憶と、現在の自分が入り混じった時間の中で、お坊さんの読経を聞きながら、未来の自分を想像したりもしました。

過去があるから、今がある。今があるから、未来がある。
いま考えたこと、いま想像したことが結果としての形になる。

明日からも、ただただ、”今”を大切にものづくりをしたいと思います。

コメント